志・理念トップ

水野ゆうきの地方政治への挑戦は続く

千葉県議会議員選挙の約3か月前の2015年1月に行われた我孫子市長選は過去最低の32.52%の投票率を記録。
更に市議補欠選挙では無投票当選という結果に市民が納得のいく選挙とはなりませんでした。

地方政治は首長と議員を有権者が直接選ぶ二元代表制であり、政党政治や与野党構造はあってはなりません。
しかし現状では政党色が強くあるために地方政治家は自分が所属する政党や組織の意見や政策を優先せざるを得ないために市民を第一に考えた政治と乖離(かいり)し、地方政治に歪みが起きていることを我孫子市議会議員の活動を通して肌で感じてきました。

①無所属②若手③女性は政界に入りにくい実情をこれまで地道に訴えてきました。
水野ゆうきは地方政治を本来あるべき姿にすべく、また我孫子市の政治に対する停滞した空気を打破するためにも退路を断って、皆様に「水野ゆうき」という選択肢を追加しました。
水野ゆうきは我が身をもって地方政治に挑戦します。

あなたと一緒に明日の明るい未来を見つめていかせてください。

水野ゆうきを応援する

プロローグ ~政治家としての一歩~

vision_top

水野ゆうきを応援する